Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ



ラーナーのMegumiさんが、夏休みをとってヨーロッパに行かれました。その毎日の様子は彼女のFacebookなどで拝見してガヴァネス達と羨ましがっていたのですが、戻られたらすぐにその時の様子をメールしていただきました。

彼女はお仕事で英語が必要ということでビジネスEnglishのレッスンをとられているのですが、英語を話せると当然、旅行にもいいですよね。

とても刺激を与えてくれる内容なので、お願いして今日のメルマガでご紹介させていただくことにいたしました。

ご自分で歩き回った旅行なので、英語を話せることの楽しさを感じさせてくれます。





島さん

いつもメルマガを楽しみにしています。
おかげさまで、メルマガから英語関係に限らず、様々な情報を得ています。これからも宜しくお願いします!


私ごとですが、先日(7月6日~16日)夏休みを取り、友達とヨーロッパへ行ってきました。
今回はPragueで車を借り、Czech~Austria~Slovakiaをドライブ旅行してきました。
初日と最終日以外の宿は都度自分で探す、いつもの私の旅行スタイルです。
宿を事前に決めずに行くと、絶対に地元の人と会話しなければいけなくなるのは人によっては大変だ、面倒だと感じるかも知れませんが、私にとっては楽しみの一つです。


田舎町を中心に旅行をした為、どの国も全体的には英語を話す人が少ないという印象でしたが、旅の終盤に立ち寄ったOlomouc (Czech)という街で、地元の人と会話をする機会がありました。
(ちなみに、プラハでは英語を話す人が多く、全く不便を感じることはありませんでした)

世界遺産である「三位一体の塔」で友達と写真を撮り合っていたところ、「一緒の写真を撮ってあげるよ」と話しかけてくれました。
その後、合流してきた彼の友人も一緒に、流れで街をガイドしてもらうことに。

ガイドをしてもらいながら、色々な話をしましたが、特に印象的だったのが福島のことを聞かれたこと。
「フクシマは今どうなってるの?原発は?
僕たちはインターネットでしか情報を得られないから実際がどうなのか知りたい」と言われました。

私達も日本では情報が限られていることや、私自身も政府が原発再稼働を一方的に決めたことに不満があることなど色々と話をしました。
「日本政府にはがっかりした」と言う私に「僕はがっかりしないよ。
だって政府なんてどこでも同じさ。危険でも安全だ、大丈夫だというものだ」と。
・・・日本だけじゃないんですねぇ。

その後も街を散策しながら、色々な建物について詳しく教えてもらいました。私達は本当にラッキーでした。予期せず、建築に詳しい優秀なガイドを得たのですから。
最終的には一緒に地元のビールを飲みにブリュワリーへ行き、おしゃべりに花を咲かせました。


いつも感じることですが、海外の人たちは日本人よりも意識が高いというか、政治や経済、世界情勢に関心を持っているなあ、日本では話題にならない(しない)ことを旅行先では良く話題になるなあと。

こんな場面でも、島さんのメルマガ記事で得た知識・情報が本当に役立ちます。(ありがとうございます)
加えて、もっと日頃から自分自身でもアンテナを高くし、情報収集をし、自分なりの意見を持っておくことはとても大事だとも改めて感じました。

英語は本当に役立つコミュニケーションツールですよね。
このように地元の人と交流する機会を得て雑談したり、つっこんだ話ができるのも英語を学んでいるおかげですものね。

今回一緒に旅をした私の友達は全く英語を話しませんが、地元の人と飲んでいるときに話に入れなかったことで「私も英語勉強しなくちゃ。せめて聞けるようになりたいな」と言い出していました。
(そんな私の友達は、話せない代わりにブリュワリーで折り紙大会開催してました)

私自身もそうですが、海外に行くと英語を学ぶぞ!というモチベーションがUpしますね。


そういえば、一つだけちょっとしたトラブル?がありました。
チェコの小さな町を散策して戻ったところ、ワイパーの下に違反切符らしき紙が挟んでありました。
知らずに車を停めた場所がちょうどNGゾーンだったようで駐禁を切られていたみたいです。

ラッキーだったのが、車を停めた場所がTourist Information Centerの真ん前だったこと。
再度飛び込み、助けてもらいました。
(警察官は全く英語を話せませんでしたが、Informationの女性が英語で通訳してくれました)

これも英語を話せたおかげですかね?笑

昨日帰国したばかりですが、またどこかに行きたくてウズウズしています。

Megumi






プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。

スポンサーサイト

人気ブログランキングへ

 今、デラ・クルーズはフィリピンの大企業と交渉していることはこのブログでもお伝えし、先週はすごくグローバル化が進んでいる事をお伝えしましたが、今週の金曜日のミーティングで、日本は完全においていかれるのではないかということを感じました。

私は日本人ですので、アジア各国では世界第3位の経済大国日本はビジネスの相手として一番重要だろうと考えていたのですが、最近どうも違うのではないかと感じています。

今回は、もう一つの会社との契約のアポイントをとろうとしていたのですが、女性ジェネラルマネージャーはその時期は、ヨーロッパに行っているので、自分は立ち会うことができないというのです。

こんなに世界中飛び回っているエグゼクティブが、たかだか4時間程度の日本には来る予定がないし、ヨーロッパのイギリスやイタリアにも支社があるのに、日本にはオフィスすらないのです。

これは明らかに日本の市場をあまり重視していないですよね。

契約が終わったら、いろいろと詳しく聞いてみたいと思っておりますが、きっと彼らにとっては日本がアプローチしにくい市場だということなのでしょう。

一方今、フィリピンはBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)拠点として欧米グローバル企業の注目を集めていて、2010年時点で市場規模が約90億ドル、従業員数も約50万人までに増加し、これがフィリピンの経済成長にもつながっているそうです。

では、なぜ今フィリピンなのか?

大和総研のレポート
「オフショア・アウトソーシングで発揮されるフィリピンの底力」
http://www.dir.co.jp/souken/asia/asian_insight/110415.html
から引用してご紹介します。

「フィリピンがBPOの海外拠点として注目される理由としては、(1)米国の植民地であったため英語に堪能な人材が豊富であること(2007年大卒者:約44万人)、(2)国民の人柄が明るく陽気なため顧客サービスに適していること、(3)一定のコスト競争力があるなどが挙げられている。インドとの比較で言えば、米国文化への理解と親和性がより高いこと、米国アクセントに近い英語を話すため理解しやすいことなどから、特に米国企業から高く評価されているようだ。 こうした強みに加えて、政府の積極的な外国資本導入策の果たす役割も大きい。政府は、現行の投資優先計画(2010年)でBPO産業をインフラなどと並ぶ奨励事業分野の一つに指定、進出企業には最大8年間に亘って法人所得税の免税などの優遇措置を提供している。 また最近フィリピンのBPOは、業務範囲やアウトソーシング国などの面で多様化が進みつつある。
業務範囲については、データトランスクリプション (医療、法務) (※1) 、市場調査、知財管理、財務管理といった、今までよりも高付加価値な業務への拡大が見られる。」(引用終了)


そういえば、フィリピンのホテルで白人とフィリピン人が朝からパワーブレックファストをとっていたのに対して日本人は少なく、いても日本人だけで固まっていたっけ。


やっぱりなんと言っても言葉の壁が大きいのでしょうか?

でも、言葉の壁だけだったら日本の市場が大きいならば、日本語を勉強したり、通訳を使ったりとなんとしてもアプローチするはず。

日本以外のアジア各国には行くし、オセアニア、そしてヨーロッパにも行くとしたら、きっとなにか日本に問題があるのでしょう。

デラ・クルーズの新規事業では、日本人に夢を与えるとともに、日本人のグローバル化をサポートする環境を整備します。

お楽しみに!



「ポストBRICs、「VIP」経済圏
ベトナム、インドネシア、フィリピンの潜在力」
nikkeiBPnet
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20111114/290414/








プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。

人気ブログランキングへ


先日、DCECの講師の質が高い一つの裏づけとして彼らの学歴をご紹介しました。

でも、学歴が高かったって、そんなの質の高さの証明にならないと思うかもしれないので、今回は、今週DCECの生徒さん達からいただいたフィードバックをお伝えします。彼らは、DCECのガヴァネス達のレッスンをとてもほめてくれています。


高久理恵さん:Rizaはいつも丁寧に教えて下さり、一歩ずつ前進していこうと前向きにレッスンを受ける気持ちになります。振替で教えていただいたセシルは、教え方も上手で、ほめてくださるのですごくやる気が出ました。
レッスンはいつもあっという間なので、すごく充実していると思います、テキストは少しむずかしいですが、レベルupのためには今くらいのレベルが良いと思います。単語やフレーズが頭に入らない時が時々あります。このやり方で合っているのかな・・・、と不安になるときがあります。
アクティビティでは、他のクラスの方と話せてとても楽しいです。

瀬川陽介さん:担当のByronの英語のスピードも自分の上達のためにはちょうど良いと思います。会社で実際に英語の会議等に参加する機会が増えてきたので、デラ・クルーズのレッスンの進め方は実践的で良いと思います。「体で覚える英会話」習得法は、読む、菊は普段通勤中の電車の中でできるのですが、音読する機会が作りづらいと思います。家にいる時間にそういった機会を作る工夫をしたいと思います。

クロさん: マリアンは文法に厳しく、宿題もバッチリ覚えていて、予習や当日の会話を慎重に行なっていますが、飽きやすい私にはこれぐらいしてもらう方がよく、助かっています。会話のレベルが高く、毎回感心させられます。それに負けじと、最近は予習で単語を英英辞典で調べるようにしています。自ら勉強しようという気にさせてもらえる、そんなマリアンに感謝しています。ありがとうございます。
レッスンの進め方やテキストについて、テキストが自分で選べるところがよい。(※注:DCECでいくつかのオプションをご提示させていただきます。)ビジネス英語も具体的事例(広告や買収)があり身近である。このテキストが終わったら、英語での面接やレジュメ作成をするものにしたい。
考える質問(その場で)は、とまどうことも多いが、日本語でもとまどうことなので、おそらく普段から考えていないことなのだと思う。もっとこの質問にうまく答えられるようにしたい。(この機会は重要)
ニュースレターは毎月楽しく読ませてもらってします。



いかがでしょうか?

学歴だけではなさそうでしょ?








プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。
検索フォーム
プロフィール

Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部

Author:Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部
【フィリピンでのロングステイをトータルサポートTESZARA(テザラ)】

急激にグローバル化が進む今の世界。私達日本人にとって、自分のグローバル化が重要です。
 
このTESZARA事業では、フィリピンの新しく整備されたクリーンな都心のセキュリティのしっかりした豪華コンドミニアムをご紹介し、日本人が安心してロングステイできる生活サポートを行なう事業です。
ホテルのようなロビーを持ち、フロントにはコンシェルジュ。プールやジムなども完備したすばらしいコンドミニアムを驚くほど手ごろな価格でご紹介いたします。



Dela Cruz Co., Ltd.の社員たち


◆マリアン:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元スイス系製薬会社勤務

◆マイルス:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元Asia Brewery Incorporatedで品質保証担当

◆ジョージ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。元University of Asia and the Pacific講師

◆ジョー:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。上智大学講師。元De La Salle- College of St. Benilde 講師

◆マフェ:大阪大学大学院博士課程(コミュニケーションメディア専攻)在学中。元Benquest State University講師

◆フランシス:政策研究大学院大学博士課程在学中。元Ateneo de Manila University ミクロ経済学講師

◆パウロ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科PhDプログラム経済学専攻。

◆ファビ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士課程在籍中。元Admiro Tianjin Industry Co., Ltd. , Tianjin, China

◆レナ:筑波大学大学院人文社会科学研究科修士課程在学中。

◆グレッグ:東京大学大学院フロンティアサイエンス修士課程在学中。元Ateneo de Manila University講師

◆リザ:セイント・ラ・サール大学大学院修士課程出身。元セイント・ラ・サール大学総合スクール 数学教師

◆キャロル:フィリピン大学出身(優等卒業)。元AXA保険 Financial Executive

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。