Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ


 DCECに通われていらっしゃるラーナーさんはよくご存知ですが、DCECのラーナーさんには、本当に様々なキャリアをお持ちの方がいらっしゃり、各方面で活躍されているのでお話をお伺いするのが本当に楽しいです。

ラーナーさん通しも、DCECが行う様々なアクティビティに参加されて、交流をされると、必ず、「他のラーナーさんといろいろな話ができて楽しかった」とおっしゃいます。

現在行っているSummer Festでも、1回目に参加された方々からもそのようなお声をいただいています。

Dela Cruz English Club: Summer Fest 2012


次回は8月24日なので、ぜひみなさまご参加ください。

さて、今日はそんなラーナーさん達の活躍をひとつご紹介いたします。


それは2ヶ月ほど前のある日、ラーナーさんとメールのやり取りをしている時のことです。

このラーナーさん、最近では毎月のように世界中を飛び回ってお仕事をされているのはお聞きしていたのですが、今度、世界からVIPが参加される国際会議の議長をされることになったとのお話をお聞きしました。

DCECのラーナーさんがそのように重要なお仕事をされるようになられたのはとても嬉しいことですし、また、そんな方のお話をお聞きする機会はなかなかないので、きっと英語を学習する皆さんの大きな刺激になると思い、お忙しい中、無理を言ってそのご経験をレポートしていただくようお願いしました。

そのレポートが昨日届いたので、早速皆さんにここでシェアさせていただきます。







 

「デラ・クルーズ・イングリッシュクラブ に通った成果」


私がデラ・クルーズ・イングリッシュクラブに通い始めたのは4年前の初夏のことでした。
人事異動で、海外に本部がある会社に派遣されることになったのですが、海外旅行が趣味だったので、旅行英語くらいはしゃべることができる自信はあったのですが、ビジネス英会話はまったく自信がなく、着任初日の会議では、何が議論されているのか、理解するどころか耳にも入ってきませんでした。
「これはまずい。」と思い、いくつかの英会話学校の体験入学をして、行きついた先が、デラ・クルーズ・イングリッシュクラブでした。

仕事の後、週に2回のプライベートレッスンに通い、とにかく、英語でしゃべる時間を多く持つようにしました。秋になると、仕事のほうでも「英語がしゃべれないからできない」という言い訳ができなくなってきて、会議などでも英語をしゃべらざるを得ないことが増えてきました。そして、年が明けるころになると、仕事が忙しくなって、デラ・クルーズに通うこと自体が難しくなってきましたが、仕事の場面で英語を使うことが格段に増え、そのうち、会議でプレゼンテーションをする機会も出てきました。

「慣れ」というのは恐ろしいもので、1年くらい英語をしゃべらざるを得ない環境にいると、英語でしゃべることに抵抗がなくなり、徐々に英語的な発想もできるようになってきました。従前は、会議でしゃべることも事前に紙に書いて、それを暗記して会議に臨んでいたのですが、「あ、会議ね。ふーん。」という感じで、会議中に自分が言いたいことを考えて、適切なポイントで自分の意見を言えるようにもなりました。

家族で海外旅行に行って、私がデパートの店員さんと服のサイズのことでしゃべっていたときのことです。妻が
「昔は義務感でしゃべっていたのに、なんか自然にしゃべっているね。」
と会話を聞いていた感想を言ったのですが、これを聞いて「少しは英語が上達できたのかな」と実感しました。

それから数年が経過し、いまや月に1回ペースで世界を飛び回って、講師として人前で話をするだけでなく、時には、国際会議のモデレーターも行っています。その中でも印象に残っているのは、皇族の方が出席される国際会議で共同議長としてセッションを仕切ったこと、同時に、その会議の成果文書づくりを含めた会議全般の準備を取り仕切ったこと、アフリカでの国際会議で1日半の研修講師を行ったことです。これらの会議では、終わってみたら充実感でいっぱいになりましたが、会議の開催前は、その準備やプレッシャーで精神的な余裕がなくなり眠れない日々が続きましたし、会議で使う英語、会議の成果文書の書き方を書いた本を繰り返し、穴が開くくらいまで目を通しました。

このように、苦労はしつつも順調に英語が聴けて話せるようになれたのは、デラ・クルーズ・イングリッシュクラブで、Take offに向けての準備がしっかりできていたからだと思います。とにかく授業ではしゃべる時間が多く、そのことで、英語をしゃべることへの抵抗が徐々になくなっていったのですが、自分の場合は、幸いにも、仕事がすべて英語だったので、余計に抵抗がなくなっていきました。とはいうものの、いまでも、突然の海外からの英語での電話には、汗をかきかき対応しています(笑)。

英語で言いたいことを言えるようになって、また、出張回数も増えたので、海外出張するのは、東京から九州へ出張するのと同じような、気軽な感じになりましたし、元来、飛行機に乗ることが好きだったので、海外出張自体を楽しめるような余裕もでてきました。出張帰りのフライトで、外の景色を見ながら飲むコーヒーの、何とおいしいこと・・・。

いま、デラ・クルーズ・イングリッシュクラブで学んでいるラーナーのみなさんもいろんな目的があって通われているかと思いますが、真摯で知識にあふれる講師の方々が個人のレベルや思いにあった指導をしてくださいますので、必ずや英語力は向上すると思います。私の場合は仕事で英語を使わざるを得なかったのですが、やはり、教室に通わない日でも、日々、英語を聞いて話すことが上達の近道であると痛感しています。 
皆様のご健闘を祈念しつつ・・・。

結果として出席率が悪いあるラーナーより。






プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ







ついに消費税増税法案が成立してしまいました。これで、現行5%の消費税率は平成26年4月に8%、27年10月に10%へ2段階で引き上げられる事が決定しました。

現在、私達日本人は所得は増えない中、このように負担ばかりが増えていく。税金ばかりではなく、社会保険料も増えていく一方、将来受け取れる年金は減りそうだし、もし、親の介護が必要になったら、さらには自分の介護が必要になるかもしれない。

不安になって、介護付き老人ホームを調べてみたら入居金とやらが数百万円から一千万円以上かかるにもかかわらず、月々月額利用料が20万円からかかる。

こんなことを考えていると将来が心配でお金が使えない。その結果、今の日本の家計資産は、年齢が高くなるにしたがって増えています。

30歳代  1400万円
40歳代  2395万円
50歳代  3710万円
60歳代  4925万円
70歳代  5024万円

(総務省平成21年全国消費実態調査より)
http://www.stat.go.jp/data/zensho/2009/shisan/yoyaku.htm

そして平均で3000万円以上の資産をお墓まで持っていくそうです。

学校を卒業して以来身を粉にして一生懸命働いて、子供を育て上げ、やっと住宅ローンも返済し定年を迎えた。この世代は、退職金のほか子どもの経済的自立、親からの資産相続などで少し経済的に余裕が出て、本来生活をエンジョイしてしかるべきなのですが、実際は将来を心配してあまりお金を使っていないことをこの数字は表しています。

いかがでしょう。これでは、あまり夢がないですよね。
今、65歳を迎える団塊の世代は、日本の高度成長期を支えまじめに働いてきたわけですから、65歳を迎える今、もっと夢のある生活を送ってもよいのではないでしょうか?

でも、やはり将来の不安を解消しない限りはなかなか安心してお金が使えません。

そんな気持ちで考えたのが、Dela Cruzの新規事業です。
新たに夢のある生活に踏み出すにしても、すべての資産をつぎ込まなくてもよい。
そして、将来多少年金が少なくなっても、豊かな生活が送れる。
あるいは、さらに将来介護が必要になっても充分まかなうことができる、そんな生活をご提供します。


具体的なご提供するサービスやコンドミニアムの詳細については、今、パンフレットの作成に取りかかっているのでもう少しお待ちいただきたいのですが、今の日本の高齢者の不安を取り除き、なおかつ夢のあるプレミアムな生活をご提供しようというものです。


なぜ、夢があるのか?


★1.豪華なコンドミニアムが手の届く金額で

下記のような条件を備えた豪華なコンドミニアムが、日本のマンションと比べて信じられないほどの価格(1000万円から2000万円)で購入できます。これは老人ホームの入居金などと違って、所有権の移転なので完全にあなたの資産になります。
すなわち、数年利用して売却したり、買い換えたりすることも可能だということです。



 ●最高の立地
フィリピンの丸の内といえるMakatiの中心、もしくは、空港から15分の新規で開発された町全体が美しく機能的なBonifacio Global City


 ●高いセキュリティ
コンドミニアムは、入り口の24時間セキュリティガードなど高いセキュリティに守られています。


 ●ホテルのようなロビー
コンドミニアムに入るとそこは大理石の床にコンシェルジュのいるレセプションデスクなどを備え、まるで高級ホテルのロビーの様


 ●素晴らしいアメニティ
コンドミニアムには、住民専用のプールやジム、パーティルームなど様々なアメニティが完備しています。


 ●ベッドルームごとの独立したバス・トイレやメードルームも


 ●信頼できるデベロッパー
今回デラ・クルーズがパートナーシップを結んだのは、フィリピンナンバー1、ナンバー2のデベロッパー企業なので安心です。





★2.安い生活費
日本に比べ物価の安さは1/4~1/5程度です。
したがって、日本の年金を持って行けば、かなり裕福な生活を送ることができます。


★3.家事はメイドさんに依頼
ご主人は定年退職があっても、奥様はいつまで経っても家事から解放されません。今回、デラ・クルーズからメイドさんを派遣するので、奥様も家事から解放されます。


★4.あなたの家族もグローバル人に
デラ・クルーズで世界中から来ている社員達と接していて驚くのは、みな家族や親戚が自国ばかりでなく世界中に住んでいることです。外国が単なる旅行先ではなく、家族が住んでいればその国の文化や生活習慣も知ることができ、外国人と接するのも自然にできるようになってきます。

例えば今回、おじいちゃんおばあちゃんがフィリピンに住んでいれば、孫の世代が夏休みに1ヶ月フィリピンに滞在する。その間、ウィークデイは毎日数時間デラ・クルーズの英会話レッスンを受講するとともに、英語圏で生活することで実践的な英語力をつけることもできます。

また、すぐにでも英語力をつけなければいけない働く子供世代も会社が休みの1週間をここに滞在することで英語力強化を図る事ができます。



★5.高い医療水準
海外に住む場合一番の心配は病気になったときのこと。
今回、ご提供するMakatiおよびBonifacio Global Cityには、それぞれ下記の世界でも認められている最高水準の病院が有り安心です。

Makati Medical Center
http://www.makatimed.net.ph/main.php?

St Luke's Medical Center
http://www.stluke.com.ph/home.php





★6.将来必要になったら介護もうけられます
フィリピン人の介護士の評価は世界のトップ水準です。
日本で狭い老人ホームに入って高い費用を払って介護を受ける事を考えたら、自分のコンドミニアムで、高い水準の介護を受ける、そしてその費用負担も日本の数分の一としたらどちらがよいでしょうか?








ではなぜフィリピンなのか?


★いよいよ経済成長期に!
アジアの経済成長に取り残されてきたフィリピンですが、このところフィリピン人のきれいな英語とホスピタリティの高さが評価されてアウトソーシング(Business Process Outsourcing:BPO)事業でインドからのシフトが目立ち、2010年には7.63%と高い経済成長を遂げています。
その経済成長に対する期待が、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の後を追って急成長する新興経済、VIP(ベトナム、インドネシア、フィリピン)といわれるようになっています。


★日本から近い
成田空港から飛行機で3時間半程度。そして、今回お勧めするBonifacio Global City、そしてMakatiは、それぞれ空港からタクシーで15分、30分と非常に便利な立地です。
※タクシーも安く、初乗り70円程度で30分乗っても500円くらいなので便利に利用できます。



★親日的
中国や韓国のように反日の国と違い、親日的。生活するには大きな要素ですよね。



★英語国
今アジアでは、マレーシアやタイなどもロングステイ対象国として人気ですが、英語力を上げたい日本人としては英語国のフィリピンは、生活していても街の表示からテレビ番組まで英語で、英語力を上げる環境は最高です。また、国民の90%以上が敬虔なカトリック信者であること、そしてアメリカ文化の影響を強く受けていることもあり、イスラム教国のマレーシアと比べると生活習慣も違和感がありません。



そして最後に現在の超円高。
毎日のようにニュースで円高が報じられていますが、一般の国民としてはその円高のメリットを享受する機会は限られています。
でも、コンドミニアムを購入するなど大きな買い物の時には、その円高のメリットを最大限利用できるのです。



★デラ・クルーズが日本語ですべてサポートします
海外に住むとなるとやはり一番心配になるのが言葉の壁。そして、様々な不慣れな手続き。今回、デラ・クルーズが現地に会社を設立してすべてのサポートを日本語で行います。



こんなコンドミニアムを購入して、年に数ヶ月日本とフィリピンに住むって、結構夢のある世界ではないですか?












プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。

人気ブログランキングへ


 今週1週間フィリピンに出張してきました。フィリピンと言うと当然暑い国というイメージがあり、覚悟をして行ったのですが、実際は先週日本で感じていた暑さは一切感じませんでした。

一つには、Meetingの連続でその間の移動は車だったので、ほとんど外を歩く機会がなかったからかもしれません。

また、各社のオフィスは節電中の日本のオフィスと違ってしっかり冷房が効いていることももう一つの要因かもしれません。

でも、短い時間ですが外を歩いたときですら、日本のほうが暑く感じたのは、やはり日本が暑くなっているということでしょうか?


さて、今までこのブログやメルマガでDela Cruzが新規事業を始める準備を進めている事をお伝えしてきましたが、今回の出張で予定していた企業とパートナーシップ契約を締結でき、また、フィリピンにDela Cruzの新規事業のサービスを提供する会社の設立手続きができたので、これから、Dela Cruzの新規事業について少しずつお伝えしていこうと思います。

この新規事業のコンセプトを簡単にいえば、

「日本人のグローバル化をサポートする」
「日本人にフィリピンでのPremiumな生活をご提供する」

という事です。

具体的にいうと、日本人の皆さんがフィリピンのコンドミニアムを購入したり、リースしたりするお手伝いをするとともに、フィリピンでの生活をビザの取得から生活情報の提供、メイドの派遣、英会話研修の実施、ゴルフや旅行の手配まで、すべて日本語でサポートしましょうというものです。


なぜ、こんな事業を考えたのか?

それは、今年Marianeの結婚式出席で久しぶりにフィリピンを訪れたとき、その発展ぶりに驚いた事がきっかけでした。

ガヴァネスたちから、発展している事は聞いてはいたものの、日本のテレビから流れてくるのは、貧しい子供たちがゴミをあさって生活しているとか、あぶないとかの情報ばかりなので、やはり多少なりともネガティブなイメージを持っていたのですが、実際に目にしたフィリピンは思っていたものとは全く違うフィリピンでした。

そして、もう一つ感じたのがフィリピンの物価水準の安さです。

例えば、今回の出張でMakatiでMandarin Oriental Hotelに4泊しましたが、日本のMandarin Oriental Hotelに4泊もしたら目の飛び出る金額になってしまうでしょうが、今回は日本のきちんとしたビジネスホテルに泊まったのとあまり変わらない程度でした。

それでいて受けられるサービスは日本のトップホテルに勝るとも劣らないものです。

タクシーで到着すると入り口まで出迎えてくれて、Welcome Mr.~と名前で出迎えてくれます。

そのまま部屋まで案内してくれて、部屋でチェックインの手続きをしてくれます。

今回、Mandarin Oriental Hotelに3泊した後セブに2泊し、
また戻ってきたとき、部屋に荷物を運んでくれたベルキャプテンが、
”Welcome back シマサン”と言ってくれました。そういわれると
見たような顔で、前回の時、どこかで彼のお世話になったのかも
しれません。

また、帰りにお願いすれば空港まで黒塗りのレクサスで送ってくれます。自分がVIPになったように感じますが、これも日本でタクシーに30分乗るよりも安いくらいです。

ビジネスホテルの価格でこんなサービスを受けられたらいいでしょ。


でも、物価水準がいくら安くても、私たち日本人のイメージのように危険で汚い街だったら住みたくないでしょうが、今のフィリピンは全くイメージの違う、おしゃれできれいな街もあるのです。

フィリピンの首都はマニラですが、その中のビジネスセンターMakatiは、日本でいえば東京丸の内のようなところでしょうか?
Makati1




道の両側に高層ビルが建ち並び、まるでニューヨークの様な雰囲気。


Makati2



そのビジネスセンターの真ん中に、アヤラセンター (GREENBELT & GLORIETTA)といわれる地区があります。

グリーンベルト & グロリエッタ



ここは、フィリピン最大、且つ最も評価されている財閥アヤラグループが開発した地域で、おしゃれで高級なショッピングモールグリーンベルトから、よりリーズナブルなショッピングモールグロリエッタ、SM、その他スーパーから、ペニンシュラ、シャングリラ、デュシットなどの5つ星ホテルまでが建ち並んで、いわゆるフィリピンのイメージとはかけ離れた人気のエリアになっています。




初めてここを訪れたときは、ハワイのワイキキ辺りを歩いているような気になったといえば雰囲気をわかっていただけるでしょうか?

そしてアヤラは、ここに高層のコンドミニアムも建設しています。
このコンドミニアムがまたすごい。
日本だったら間違いなく億ションといわれるようなものでしょう。
24時間セキュリティーガードに守られ、中には住民専用のプールからジム、会議室などがそろい、プールには友達といえども入れません。

ParkTerracec AyalalLand PREMIER

ここまでは、Makatiだけを取り上げましたが、今、国際空港から車で15分くらいのところに街全体を新しく開発しているBonifacio Global Cityというところがあります。ここは街全体が新しく、整然として、高層のコンドミニアムとオフィス、ショッピングモールなどがすべて新しくできていて、最高の雰囲気です。ここには、すでにJPモルガンやAXA、HSBCなどの外資系金融機関などもオペレーションを開始しています。
ここは、フィリピンの最大のデベロッパーMegaworldが中心になって開発しています。

DSC_0754 500-735





この中の一つのコンドミニアムに行ったときの事。
セキュリティガードのチェックを受けておしゃれなロビーに入ると、ロビーの反対側の大きなウインドーからは、青々としたプールが目に飛び込んできます。さっそく、プールサイドに出てみると、なんとそのプールの向こう側にはゴルフコースの緑が広がっています。

DSC_0714 500-753


DSC_0724 500-753



ここに行ったときは、今これを一軒予約します、と言いたくなりました。

いかがですか?

ちょっと行ってみたいと思ったのではないでしょうか?


そして、こんなすごい立地にある、立派なコンドミニアムが、日本の普通のマンションを買うよりも安いとしたら興味がわきませんか?


「ちょっと待って。興味はあっても、海外に投資をするのは心配だよ。よくニュースでお金を払ったけど、受け取った会社が逃げちゃったりつぶれたりして大損したという話を聞くじゃない。」

そうですよね。国内だって大きな買い物をするのは心配なのにましてや海外なんて心配しない方がおかしいですよね。

ですので、今回Dela Cruzは、誰からみても信頼されている大企業のAyala Land、そしてMegaworldとパートナーシップ契約を結んで参りました。

Ayala財閥はグループ内にフィリピン有数の銀行も抱えているいわば三菱グループに匹敵します。Megaworldは、やはり財閥のグループ企業で言うなれば三井不動産のような企業と言えるでしょう。

Ayalグループ
Ayala corpolation
Ayala Land

メガワールド
Megaworld Corporation


相談に行ったJETROでも、
「いや、それらは信頼のある大企業ですから申し分ありませんよ。」とお墨付きをいただきました。




さて、この先はまた別途ご案内いたしますが、ここでご紹介したように、いよいよデラ・クルーズの新規事業がスタートいたします。

そして、パートナーはフィリピンを代表する大企業ばかり。
我ながらすごいと思いますが、これもみんなGV達の力があればこそなのです。今回は、CarolとMylesを担当にして、手分けをして交渉を進めました。日本にいる間から、メールでのやり取りやSkypeを使ったMeetingやらを重ね、契約の内容の詰めまでを日本にいる間に行って、今回の訪問では、実際の顔合わせと調印、そしてコンドミニアムの現地確認などを中心に行ってきました。
Ayalaは調印する役員が海外出張中という事で、アジア地域統括マーケティング責任者との打ち合わせでしたが、Megaworldは、First Vice PresidentとのMeetingと調印を行ってきました。
この事からも、DCECのGV達のビジネススキルの高さをお分かりいただけるのではないでしょうか。






プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。
検索フォーム
プロフィール

Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部

Author:Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部
【フィリピンでのロングステイをトータルサポートTESZARA(テザラ)】

急激にグローバル化が進む今の世界。私達日本人にとって、自分のグローバル化が重要です。
 
このTESZARA事業では、フィリピンの新しく整備されたクリーンな都心のセキュリティのしっかりした豪華コンドミニアムをご紹介し、日本人が安心してロングステイできる生活サポートを行なう事業です。
ホテルのようなロビーを持ち、フロントにはコンシェルジュ。プールやジムなども完備したすばらしいコンドミニアムを驚くほど手ごろな価格でご紹介いたします。



Dela Cruz Co., Ltd.の社員たち


◆マリアン:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元スイス系製薬会社勤務

◆マイルス:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元Asia Brewery Incorporatedで品質保証担当

◆ジョージ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。元University of Asia and the Pacific講師

◆ジョー:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。上智大学講師。元De La Salle- College of St. Benilde 講師

◆マフェ:大阪大学大学院博士課程(コミュニケーションメディア専攻)在学中。元Benquest State University講師

◆フランシス:政策研究大学院大学博士課程在学中。元Ateneo de Manila University ミクロ経済学講師

◆パウロ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科PhDプログラム経済学専攻。

◆ファビ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士課程在籍中。元Admiro Tianjin Industry Co., Ltd. , Tianjin, China

◆レナ:筑波大学大学院人文社会科学研究科修士課程在学中。

◆グレッグ:東京大学大学院フロンティアサイエンス修士課程在学中。元Ateneo de Manila University講師

◆リザ:セイント・ラ・サール大学大学院修士課程出身。元セイント・ラ・サール大学総合スクール 数学教師

◆キャロル:フィリピン大学出身(優等卒業)。元AXA保険 Financial Executive

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。