Archive
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ

バマリカン島
バマリカン島

フィリピンといえばビーチ。フィリピンのビーチといえばセブ。私たち日本人はそのように言いますが、フィリピン人たちと話していると、セブもいいけどもっと綺麗なビーチがたくさんあるといいます。

今日はその中の一つ、バマリカン島のアマンプロをご紹介いたします。

マニラからリゾート所有の飛行機で約1時間。クヨ諸島の小さな島、バマリカン島につきます。
この島はまるごとアマンリゾートが所有して、数々の賞を受賞している世界最高峰のホスピタリティを誇るリゾートホテルアマンプロを運営しています。

このバマリカン島は長さ1.2km・幅500mととても小さい島で周りは珊瑚礁に囲まれていて海の透明度は抜群。島全体が美しいパウダーサンドの白い砂浜に囲まれこの世の楽園と言えそう。

ホテルは伝統的なフィリピンの建築様式で建てられたカシータと呼ばれる40の客室ヴィラがあって、高床式で周囲の木々の高さを超えて眺望が得られる「ツリートップ」やビーチに立つ「ビーチ」、「ヒルサイド」ロケーションによって客室のタイプ名がつけられ、各カシータには専用のカートがあり、滞在するゲストはこのカートを利用し、レストランやビーチを始め、島内のどこへ出かける時でも、自家用車の感覚で移動するとのこと。




アマンプロ


アマンプロ1

客室ヴィラは高級感溢れる優雅なインテリアでまとめられ、自然を満喫できる開放的なつくりとなっている。


アマンプロ客室


当然この美しい海に囲まれた島のアクティビティは、シュノーケリングツアーやフィッシングばかりでなく、ウインドサーフィンやボートクルーズ、ウォータークルーズなどのマリンスポーツも楽しめる。
ここには、最高のダイビングスポットも数多いので、毎年ダイビングをしに訪れるゲストも多いとのこと。

また女性の嬉しいのが充実したマッサージやトリートメントを存分に楽しむことが出来ること。

濃い緑の木々に囲まれたツリートップカシータでのスパトリートメント、または、そよ風や小鳥のさえずりなどを楽しみながら、オープンエアに置かれた天蓋付きのベッドでのスパなど希望に応じて場所を選ぶこともできる。

私自身はまだ行っていないのですが、話に聞いて是非行ってみたいビーチリゾートの一つとして実現の日を楽しみにしています。

参考にさせていただいたwebサイト
http://bit.ly/RchzJ8
http://www.magellanresorts.co.jp/?p=589







プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ

人気急上昇ホットスポット ”リゾート・ワールド・マニラ”
ResortsWorldManila.jpg

前回、フィリピンに出張した時にパートナー企業メガワールドの日本担当カントリマネージャー、マイケルが空港近くの”リゾート・ワールド・マニラ”に連れて行ってくれました。
びっくりしたのは、そこは街全体がテーマパークのよう。
もう世界から多くの観光客をひきつけているのですが、街は現在進行形で新しい建物がどんどん建設されています。

ここには、マリオットホテルをはじめとする五つ星ホテルが建ち並んでいます。
http://www.rwmanila.com/hotels-at-resorts-world-manila/marriott

そしてレストランやカジノ、数々の高級ブランドのブティックやショップがはいる豪華なショッピングモール、映画館、アーティストのパフォーマンスのためのシアターなどここにいるだけでも何日間も楽しめる街になっています。

朝日新聞TRAVELのページにフリーライターの江藤詩文さんが、このリゾートワールドマニラを訪れたレポート「ふらっと気ままに女ひとり旅 フィリピン編〈1〉」というのを見つけたのでご紹介します。

http://www.asahi.com/travel/paradise/TKY201208200268.html

<一部抜粋してご紹介します>

先週は夏休みをいただいたこのコラム。みなさまはこの夏、どちらへ出かけられたでしょうか。私はひとりでフィリピンのマニラへ。そう話すたび「治安はいいのですか」「じゅうぶんお気をつけて」と言われてしまいました。

 定刻の21時より10分ほど早くマニラへ到着し、スムーズに入国審査を終え、税関を抜けたのが21時15分。東南アジア特有の喧噪(けんそう)を想像しながら、いざ外へ。ところが、あれれ、何だか勝手が違います。

 タクシーの客引きもいないし、スーツケースを勝手に運んでっちゃうポーターもいない。ホテルと空港の間を循環する無料シャトルバス乗り場に行くと「マダム、5分ほどお待ちください」。そのことば通りきっかり5分でやって来たバスに乗り込み、21時40分にはホテルの客室にいたのでした。

“おトク”に目ざとい女子が集結

 宿泊した「リゾートワールドマニラ」は、フィリピン最大級のカジノを中心に三つのホテルとショッピングモール、映画館、劇場、レストランやバーなどの飲食店を備えた、複合型エンターテインメント施設です。カジノは24時間営業、飲食店も遅い時間までやっています。

 翌日の昼、「女性ひとりでも気軽に食事ができる」とホテルのコンシェルジュに薦められ、カジノ内にあるブッフェ・レストラン「メルカド」に出かけてみると、200席以上ある広い店内は満員で、ざっと見たところ8割以上が女性だけのグループ。入り口で行列をつくっているのも、女性ばかりです。なんでカジノにこれほど女性が……。他の国のカジノでは見たことがない光景です。

「女性はお得情報に弱いじゃないですか」と笑うのは、リゾートワールドマニラで働く26歳のフィリピーナ、カレンさん。ココナツオイルで手入れをしている、腰まで届きそうな長い髪はツヤツヤ。ヒップに張りついた超ミニのタイトスカートに9cmのピンヒール。つけまつげをして、長い爪には大粒のストーンがきらり。おしゃれには手を抜かない彼女も、週末は母親や女友だちと一緒によくここを利用するといいます。

 ビュッフェ台を眺めてみると、シーフードを使った数種類のサラダやスープ、肉や魚貝のバーベキューのほか、ほくほくと湯気を上げている蒸籠入りの点心や揚げたてのフライドチキン、巻き寿司やそばまであります。フィリピンのビール「サンミゲル」の生は、大きなビアグラスで飲み放題。名産のフルーツは、チョコレートファウンテンにディップして。アイスクリームは8種類、ひと口サイズのケーキもずらり。ランチで千円ちょっとという価格は街場のレストランよりは高めだけれど、サービスや料理の質を考えればコストパフォーマンスがいい、というのもうなずけます。

 カジノで両替しがてら食事をする旅行者もいます。カジノ内は警備態勢が整っていて安全なうえ、お金をごまかすなどのトラブルもなく、しかも為替レートがいいのです。「けれども女性はカジノでお金を使ってくれず、両替やレストランを利用するだけなんですよね……」。ちなみに私もそのひとり。苦笑いするカレンさんでした。
<引用ここまで>

いかがですか?
ここにも行ってみたくなったでしょう。







プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。

人気ブログランキングへ

Makatiの中心にある掘り出し物も期待できるショッピングモールGlorietta
Glorietta5

フィリピンに行って驚くことの一つにたくさんある巨大なショッピングモールです。
私が初めて行ったショッピングモールは、Makatiの中心にあるGlorietta

その日は、日本からのフライトで夕方Makatiにあるマンダリン・オリエンタルホテルにチェックインしました。
その日はもう、誰とも会う予定がなかったので、一人で近所をぶらぶらすることにして、コンシエルジュに相談すると歩いてすぐの距離にショッピングモールがあるとのこと。そこで、そのエリアの地図をもらってふらふらと歩き出しました。


歩き出して気がついたのは、思ってた以上に高層ビルが立ち並んでいること。そしてすぐに五つ星ホテルThe Peninsula Manilaが。 http://www.peninsula.com/Manila/jp/default.aspx?gclid=CJ-0soWivLICFeZMpgod6lQA4g

そこからアヤラアベニューを渡ると、これも五つ星ホテルのMakati Shangri-Laが、とゴージャスホテルが立ち並んでいます。 http://www.shangri-la.com/jp/manila/makatishangrila

そのシャングリラホテルのわきを通り抜けると目的のGloriettaが見えました。
その時のゴージャスホテルとショッピングモールがある街の印象は、なにかハワイのワイキキ周辺を歩いているような気分に。

さて、Gloriettaにたどり着いたと安心したのも束の間、Gloriettaはアクティビティ・センターと呼ばれる吹き抜けのスペースを中心にしてGlorietta1、Glorietta2とナンバーのついたビル5つに分かれている巨大なショッピングモールで自分がどこにいるのかわからなくなってしまいました。

このGloriettaは、おしゃれでリーズナブルな価格でショッピングできるショップがいっぱい。
女性だったら一日中いても飽きないこと請け合いでしょう。

たとえばスペイン発でZARAとともに人気のブランドMANGO。ペネロペ・クルスやモニカ・クルス姉妹といったセレブをイメージキャラクターに起用するなど都会的な女性をターゲットに世界80カ国以上に1000店舗を展開する大型ブランドですが、フィリピンではお手頃価格で手に入れられます。
MANGO

その他にもイタリアの高級ブランド、ジョルジオ・アルマーニのカジュアルライン、アルマーニ・エクスチェンジなど世界のブランドとともに、フィリピンのブランドショップも目白押し。
"People are People" や ”Bench"などフィリピンの若者に人気のカジュアルブランドのショップなどでは、アクセサリーからバッグ、Tシャツやワンピースなどリーズナブルな価格で手に入るのがフィリピンの大きな魅力。

私もせっかくフィリピンに来たのだから日本にもあるブランドではなくフィリピンのブランドを大学生の娘に買っていこうと思いました。

その時は自分ではよくわからなかったので、次の日にフィリピン人の友人に頼んでフィリピンブランドのお店に連れて行ってもらいました。
この友人、早稲田のMBAコースを修了した後しばらくDela Cruzで働き、その後帰国して今は保険会社のMarketingの責任者をやっているナイスガイです。

このときは、娘にお土産を買って行っても「こんなの着ない!」なんて言われるのが心配だったので、あまり派手でないものを選び、若い女性の店員さんの意見も聞いてかわいいブラウスを買って帰ったところ、幸い娘も気に入ってくれました。

そして、フィリピンがショッピング天国だという一番のおすすめのポイント。
それはやはりその価格です。そのお土産のブラウスは、セールだったこともあって日本円にしてなんと¥900程度でした。もし本人がいたら、きっとたくさん買いたいものがあり、山ほど買っても1万円でおつりが来るなんてこともあったかもしれません。

どうですか?あなたも行ってみたくなったでしょう。

Gloriettaのアクティビティ・センター
Makati_Glorietta_01_LRG.jpg






プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。

人気ブログランキングへ

ボニファシオ・グローバルシティの街並み
ボニファシオ グローバルシティの美しい街並み


こんにちは。
Dela Cruz Co., Ltd.の佐々木です。

今までこのブログでは、皆さまのグローバル化を支援するため、英語を中心とした情報をお送りしてきましたが、今回大きく衣替えをいたします。

その理由ですが、デラ・クルーズでは、世界中から応募してくる社員と接している中で、日本人が世界のほかの国と比べて大きくグローバル化で遅れていることを常々感じてきました。

デラ・クルーズに応募してくる人たちは、英米ばかりでなく、アジア、東欧、旧ソ連の国々、南米、アフリカなどそれこそ世界中からやってきますが、彼らと話していて驚くのは、みんな家族が世界中に出て生活しているということ。だから、多国籍の中でどのように生活するのか、価値観の違う中でどのように話をするのかを良くわかっているのです。

一方のほとんどの日本人は、親戚を含めてすべて日本国内で生活しているので、外国人と接する機会が非常に少ないのが普通です。したがって、当然様々な国の人が集まっているところで、話をしたり議論をしたりする経験はほとんどありません。

そのような日本人が、たとえ英語が話せるようになったとしても多国籍の人たちに交じって同等に話すことが出来無いということが私達の経験から分かってきました。

そうすると、日本人も海外に拠点を持って家族の誰かが住んでいればグローバル化が早くなるのではないかと思ったのですが、その場合どこがいいのかと考えた時、ダントツでフィリピンが良いということに思い当たりました。


その時に考えた条件は、

1.日本から近い
2.英語国
3.日本に住むよりもわくわくする事がある
4.生活費が安い
5.生活習慣が日本と大きくかけ離れていない
6.親日的



なぜこのような条件かというと、

1.日本から飛行機で10時間以上であれば当然行き来が大変だし航空運賃も高くなります。
2.目的がグローバル化であれば英語が話せるようになる環境があることが大切です。
3.海外に住めば当然今まで慣れ親しんだ日本よりも暮らしにくい面があるのは避けられません。
  そのような海外に住むとき、もし、すべての面が楽しくなければもう行きたくなくなってしまいます。
4.生活費が日本と同等、もしくはそれ以上に高かったらこのようなプランを実行できるのが、ごく限られた金持ちだけになってしまいます。
5.宗教の戒律やその他の習慣で、日本人と大きく違う中に住んでいくのはやはりかなり大変です。
6.今の中国のように、外で日本語で話したら襲われるかもしれないという環境で住むのは大変です。



では、これらの条件を考えた時、あなたにはどの国が思い浮かびますか?


日本から近い英語国ということで考えると、もうそれだけでかなり絞られてしまいますよね。

オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、フィリピン、そしてハワイくらいでしょうか?

この中で生活費が安いことを考慮に入れるともうフィリピンしか残らないのがお分かりでしょう。

でも、フィリピンって貧しい国でしょ?
治安はどうなの?
なんかワクワクしなさそう。

こんなところが日本人が一般的にフィリピンに抱くイメージでしょう。


ところが・・・。

今のフィリピン。実はワクワクすることが盛りだくさんなんです。
実際に行って見て、経験してきたのですから間違いありません。


したがって、これからこのブログで、日本に知られていない今のフィリピンのワクワクを伝えていこうと思っております。これをご覧になって、今のフィリピンを知ることで、きっとあなたもフィリピンに行ってみたい、住んでみたいとなる事間違いないでしょう。


ウォーターフロントホテルアンドカジノのイタリアンレストラン
ウォーターフロントのイタリアンレストラン









プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。

人気ブログランキングへ



今回は、音声付メルマガダイアログ "Edible Food" です。


In Dela Cruz English Club, we pride ourselves on exceptional service and outstanding value.
And since our learners' needs always come first, we are hereby launching a series of videos to improve English listening skill.
The topics are from our own Mail Magazine which you have grown to love.



下の動画から音声を聞いて質問に答えて下さい。





In "Edible Food", governesses are celebrating their birthdays.

1. Who is celebrating her birthday on Saturday?
a. Shima
b. Diana
c. Marie

2. Where will the celebration be held?
a. in DCEC
b. in Shima's place
c. in a restaurant nearby

3. Who will prepare the food?
a. Shima's wife
b. Shima
c. Everyone will prepare the food.

4. Can Shima cook?






“Edible Food”

Characters: Marie-M, Diana-D, Shima-S

Inside the office while everyone was working on their desks.

S:Excuse me, Marie, do you have any plans for your birthday
  this Saturday?
M:None yet, actually. Why?
S:Oh. I was planning to celebrate your and Diana’s birthday at
  my house.
D:I heard my name...
S:Yeah, I want to celebrate both your and Marie’s birthdays. Will
  you be available?
D:That sounds good... Yes, of course.
M:But wouldn’t our coming be a bother to your wife?
S:No, not at all…I’ll cook the food for you…

Diana and Marie were surprised.

M:Are you sure the food will be edible?
S:I don’t know…
(Everyone laughs)





●Useful & Humorous expression

★ sound

誰かや何かに対し、読んだり聞いたりしたことを表現するときに使いま
す。~らしい。~みたい。

Ex.The price sounds really expensive.
その値段、本当に高いみたい。
★bother

悩ませる、心配させる、邪魔するなど。

Ex.Don’t bother me when I am studying.
  勉強している時は邪魔しないで。



★edible
食べられる。

Ex.Are these red mushrooms edible?
I don't think so.
この赤いきのこ食べられるかしら。
  食べられないよ。
★not at all

質問や否定的なことを言う時にいいたい事を強調するために使う表現。
全く~

Ex.The changes were not at all surprising.
  その変更には全く驚かなかった。





◆「食べられる料理」
登場人物:マリー-M、ダイアナ-D、島-S
オフィスの中、みんなデスクではたらいていた時。

S:マリー、ちょっといいかな。今度の土曜日の君の誕生日、何か予定は
  ある?
M:実はまだ決まってないのよ。どうして?
S:うん、うちで君とダイアナの誕生日をお祝いしようかなと思って。
D:私の名前が聞こえたような…
S:そう、君とマリーの二人の誕生日をお祝いしたいんだけど、その日は
  空いてる?
D:それいい話ね…もちろんokよ。
M:でも、奥さんのご迷惑にならないかしら?
S:全然。僕が君たちに料理を作ってごちそうするんだから…
ダイアナとマリーはびっくりする。
M:料理は食べられるの?
S:さあね…
(みんないっせいに笑う)







プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。
検索フォーム
プロフィール

Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部

Author:Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部
【フィリピンでのロングステイをトータルサポートTESZARA(テザラ)】

急激にグローバル化が進む今の世界。私達日本人にとって、自分のグローバル化が重要です。
 
このTESZARA事業では、フィリピンの新しく整備されたクリーンな都心のセキュリティのしっかりした豪華コンドミニアムをご紹介し、日本人が安心してロングステイできる生活サポートを行なう事業です。
ホテルのようなロビーを持ち、フロントにはコンシェルジュ。プールやジムなども完備したすばらしいコンドミニアムを驚くほど手ごろな価格でご紹介いたします。



Dela Cruz Co., Ltd.の社員たち


◆マリアン:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元スイス系製薬会社勤務

◆マイルス:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元Asia Brewery Incorporatedで品質保証担当

◆ジョージ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。元University of Asia and the Pacific講師

◆ジョー:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。上智大学講師。元De La Salle- College of St. Benilde 講師

◆マフェ:大阪大学大学院博士課程(コミュニケーションメディア専攻)在学中。元Benquest State University講師

◆フランシス:政策研究大学院大学博士課程在学中。元Ateneo de Manila University ミクロ経済学講師

◆パウロ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科PhDプログラム経済学専攻。

◆ファビ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士課程在籍中。元Admiro Tianjin Industry Co., Ltd. , Tianjin, China

◆レナ:筑波大学大学院人文社会科学研究科修士課程在学中。

◆グレッグ:東京大学大学院フロンティアサイエンス修士課程在学中。元Ateneo de Manila University講師

◆リザ:セイント・ラ・サール大学大学院修士課程出身。元セイント・ラ・サール大学総合スクール 数学教師

◆キャロル:フィリピン大学出身(優等卒業)。元AXA保険 Financial Executive

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。