上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

あの地震の被害を受けたハイチを、今、コレラの流行が襲っています。伝染病を防ぐには、清潔な水の供給が大切なことがわかります。
このコレラ禍のなかで活躍している日本人医師のインタビューも伝えられています。



(CBS) There is anguish for the dead as Haitians endure the latest aftershock following the earthquake: Cholera. At the main hospital in Saint-Marc, children lie on stretchers. Maxed-out doctors and nurses rush from patient to patient, giving lifesaving fluids. In four days, they've seen 1,700 people, CBS News medical correspondent Dr. Jonathan LaPook reports from the scene.

"The mothers, the parents, are saying 'Help my baby, help my baby,' and it's too late," said Dr. Koji Nakashima. "You do everything you can. There's no explaining that."

More than 250 people are dead and 3,000 are sick as the outbreak spreads from Saint-Marc to the capital of Port-au-Prince. In an effort to contain the outbreak, the Dominican Republic closed its border with Haiti.


This acute infection can dehydrate the body in hours.

One patient has enough water in her body to sweat. Tears and sweat are a sign that doctors look at - and look for - to see if a person is very dehydrated. The fact she has some sweat is a very good sign.

Health officials believe the Artibonite River, Haiti's largest, may be the source of the cholera.

A massive information campaign is under way telling Haitians to use only treated water and to wash their hands thoroughly. Aid groups are racing to distribute clean water and filtration systems, and the CDC is working closely with Haitian authorities to track the outbreak.

While more than $10 billion has been pledged since the earthquake, there's been little progress rebuilding the housing and sanitation infrastructure needed to prevent this fast-moving disease.

"One of the mothers said, 'I left two of our kids dead at home. This is the one that's alive. Do what you can. Please save him,'" said Dr. Nakashima. "As a physician and as a person it's obviously a lot of pressure. But this is what we do."

That child is doing well tonight. Officials say the death rate has slowed. But it's still early in the epidemic, and this disease is unpredictable.






プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
検索フォーム
プロフィール

Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部

Author:Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部
【フィリピンでのロングステイをトータルサポートTESZARA(テザラ)】

急激にグローバル化が進む今の世界。私達日本人にとって、自分のグローバル化が重要です。
 
このTESZARA事業では、フィリピンの新しく整備されたクリーンな都心のセキュリティのしっかりした豪華コンドミニアムをご紹介し、日本人が安心してロングステイできる生活サポートを行なう事業です。
ホテルのようなロビーを持ち、フロントにはコンシェルジュ。プールやジムなども完備したすばらしいコンドミニアムを驚くほど手ごろな価格でご紹介いたします。



Dela Cruz Co., Ltd.の社員たち


◆マリアン:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元スイス系製薬会社勤務

◆マイルス:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元Asia Brewery Incorporatedで品質保証担当

◆ジョージ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。元University of Asia and the Pacific講師

◆ジョー:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。上智大学講師。元De La Salle- College of St. Benilde 講師

◆マフェ:大阪大学大学院博士課程(コミュニケーションメディア専攻)在学中。元Benquest State University講師

◆フランシス:政策研究大学院大学博士課程在学中。元Ateneo de Manila University ミクロ経済学講師

◆パウロ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科PhDプログラム経済学専攻。

◆ファビ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士課程在籍中。元Admiro Tianjin Industry Co., Ltd. , Tianjin, China

◆レナ:筑波大学大学院人文社会科学研究科修士課程在学中。

◆グレッグ:東京大学大学院フロンティアサイエンス修士課程在学中。元Ateneo de Manila University講師

◆リザ:セイント・ラ・サール大学大学院修士課程出身。元セイント・ラ・サール大学総合スクール 数学教師

◆キャロル:フィリピン大学出身(優等卒業)。元AXA保険 Financial Executive

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。