上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

アメリカでは、こどもの肥満 Obesity が大きな問題になっています。そしてその子供の肥満を引き起こす原因の一つがファーストフォードでの食事。

アメリカではマクドナルドなどファーストフード企業がコマーシャルでアニメを流し、それと連動したおもちゃをつけることで子供をひきつけていると同時に、親も安易に子供に言われてしょっちゅうファーストフードに連れて行くという。ビジネスとしては上手な戦略なのかもしれませんが、このビデオに出てくる子供向けのセットに含まれるカロリー、砂糖、脂肪分などを見るとやはり親がコントロールしなければ肥満児を量産してしまいそうです。






(CBS) In a perfect world, American families would gather each night for a healthy, home-cooked meal. For many, dinner means fast food. Three years ago, the big chains promised to fight childhood obesity. A report out Monday suggests they've done the opposite.

The report is the most comprehensive study ever into fast food nutrition and marketing. It shows that out of more than 3,000 possible kids' meal combinations at the major chains, only 12 meet nutritional guidelines for pre-schoolers.


Last year, children ages 6 to 11 saw 26 percent more ads for McDonald's than they did just two years earlier.

First there's the hot new movie kids just have to see, reports CBS News correspondent Ben Tracy. Then there's the fast food movie toy tie-in they just have to get. And with the toys come things like a Happy Meal packed with calories and fat.

"They watched the movie, they wanted the toys. And it was a plus; they get something to eat they get a toy," says a parent.

It's of course a happy deal for marketers but an unhealthy deal for children.

A standard McDonald's Happy Meal of Chicken McNuggets, small fries and juice drink has 510 calories, 22 grams sugar, and 23 grams of fat.

Burger King's cheeseburger Kid's Meals contains 580 calories, even more sugar (27 grams) and slightly less fat (21 grams). By comparison, Subway's turkey sub kid's meal has 325 calories, more sugar (32 grams) but just 2.5 grams of fat.

The fast food industry spent $4.2 billion on advertising last year and it's not just television. McDonald's has 13 different websites. Each month 365,000 kids and 294,000 teens visit those sites.

"If you look at television alone the average preschooler sees 2.8 ads on TV for fast food every day," says Jennifer Harris from Yale University's Rudd Center for Food Policy and Obesity.

And the ads work.

"Every time we pass by it he'll say he wants to go in," says a mother of a fast food restaurant.

Forty percent of young children ask to go to McDonalds every week. Fifteen percent of preschoolers ask every day. So 84 percent of parents say they've taken their kids for fast food at least once in the past week.

"The industry has been promising for years that it would do something about this," says Allen Kanner, co-founder of Campaign for a Commercial-Free Childhood. "Self regulation is a trick, it's a farce, it's a joke."

Some think government needs to get involved. San Francisco just banned restaurants from handing out toys with meals if they contain more than 600 calories and more than 10 percent saturated fat.

In a written statement McDonald's tells CBS News "McDonald's remains committed to responsible marketing practices, including advertising and promotional campaigns for our youngest customers. We are proud of our menu."

McDonald's and Burger King both say they're only going to show their so-called "better for you items" in their advertisements from now on, things like low fat milk from McDonalds and apple slices from Burger King. Parents really have to ask for these things. If you go in and just order a kids meal, you're likely to get fries and soda.








プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
検索フォーム
プロフィール

Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部

Author:Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部
【フィリピンでのロングステイをトータルサポートTESZARA(テザラ)】

急激にグローバル化が進む今の世界。私達日本人にとって、自分のグローバル化が重要です。
 
このTESZARA事業では、フィリピンの新しく整備されたクリーンな都心のセキュリティのしっかりした豪華コンドミニアムをご紹介し、日本人が安心してロングステイできる生活サポートを行なう事業です。
ホテルのようなロビーを持ち、フロントにはコンシェルジュ。プールやジムなども完備したすばらしいコンドミニアムを驚くほど手ごろな価格でご紹介いたします。



Dela Cruz Co., Ltd.の社員たち


◆マリアン:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元スイス系製薬会社勤務

◆マイルス:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元Asia Brewery Incorporatedで品質保証担当

◆ジョージ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。元University of Asia and the Pacific講師

◆ジョー:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。上智大学講師。元De La Salle- College of St. Benilde 講師

◆マフェ:大阪大学大学院博士課程(コミュニケーションメディア専攻)在学中。元Benquest State University講師

◆フランシス:政策研究大学院大学博士課程在学中。元Ateneo de Manila University ミクロ経済学講師

◆パウロ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科PhDプログラム経済学専攻。

◆ファビ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士課程在籍中。元Admiro Tianjin Industry Co., Ltd. , Tianjin, China

◆レナ:筑波大学大学院人文社会科学研究科修士課程在学中。

◆グレッグ:東京大学大学院フロンティアサイエンス修士課程在学中。元Ateneo de Manila University講師

◆リザ:セイント・ラ・サール大学大学院修士課程出身。元セイント・ラ・サール大学総合スクール 数学教師

◆キャロル:フィリピン大学出身(優等卒業)。元AXA保険 Financial Executive

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。