上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ


手つかずの自然と極上リゾート・エルニド
El-Nido-Palawan-Philippines.jpg

今回デラ・クルーズの新規事業TESZARAのプレスリリースを発表したところ多くの方たちからお問い合わせをいただきました。

そこで、ここで一度きちんとご説明させていただこうと思います。


デラ・クルーズは多くの国籍のメンバーが一緒に仕事をしています。
私自身は、デラ・クルーズの前は普通の日本企業に勤めていたため、外国人と知り合うこともなく、たまに海外旅行に行った時に外国人と接する程度の普通の日本人で、その生活に全く疑問を持っていませんでした。

ところが、デラ・クルーズで外国人と一緒に仕事をするようになり、またその国籍が徐々に増えてくると、どうも日本人のように自国内だけで、また同じ国民だけで生活している国が少ないということに気がついたのです。


DCECで働いているGV自身はもちろん彼らにとっての外国で働いているのですが、彼らの周りでは、友達や家族が外国で働いていたり住んでいたりするのが当たり前のようであることがわかりました。

また、国の違いをうまく利用して生活を豊かにしていることにも気がつきました。

例えば、ヨーロッパの人たちは、イギリスやフランス、ドイツの人たちが長いバカンスを取ることを日本人はよく知っていますが、彼らは、その長いバカンスを国内や同じ物価水準の国で過ごすのではなく、例えばドイツ人だったらトルコとか、イギリス人やフランス人は旧植民地だったアフリカなどに行って過ごすことにより、自国水準からしたら安いお金で、現地の高級なサービスを受けることで優雅なバケーションを過ごしたりしています。


またその逆にフィリピンや東欧の国々の人たちは、自分で世界で通用する力をつけて、自国よりも物価水準の高い国で働き、その高い水準のお金を自国に持ち込めば、自国で稼ぐよりも多く稼ぐことができるというように、うまく国の違いを利用しているのです。

ところが日本人は全くそれをしていません。
1990年頃には、世界一一人当たりGDPが高い金持ちになったはずなのに、そのような金持ちになった実感はほとんどの日本人が感じていません。

そして今はさらに史上最高の円高と言われていますが、日本の中だけで生活している普通の日本人は、その円高のありがたみを使いことはできません。


さらには、世界一の金持ちの座から滑り落ちただけでなく、今後は少子高齢化で、年金が減る、将来、介護が必要になるかもしれない時に備えてお金を使えない夢のない状況に陥っています。


でも、ヨーロッパの人達と同じように世界に出ていけば、まだまだ夢のある生活を送ることができるのです。


また、一方日本のビジネスにとって、人口が減っていく日本では市場が小さくなっていくことが避けられないのでグローバル化をして世界でビジネスをしていくことが避けられないことは誰でもわかっています。

そこで英語力をつけることが企業にとって重要になり、デラ・クルーズは企業の英語力強化をお手伝いしてきています。

しかしながら、英語を話せるようになればそれでグローバル化ができるかというとそうではないような気がしています。

日本人は、ほとんどが日本の中だけで生まれ、成長し、生活をしているため、知らず知らずのうちに物事の価値判断は日本人独特の価値観で行っています。それが、グローバルに出て行った時に大きな支障になるのです。

デラ・クルーズを始めたとき、私自身この事実に気がついていなかったため、しょっちゅう価値観の壁にぶつかり苦労しました。

でも、一緒に何年も仕事をしているうちに、その違いを理解できるようになり、今では日本人の価値観が良いとか外国人の価値観が良いとかではなく、いろいろな価値観がある中でお互いを理解しながら仕事ができるようになりました。

でも今の日本で生活していたら、身の回りに外国人がいることなどなく、またいたとしても圧倒的に日本人が多数の中の少数の外国人という状況では、なかなか外国人の価値観を知ることなどできません。

でも、自分の家族が海外に生活していたらどうでしょう?

その家族は、海外の国に旅行で行くのではなく住んでいるとしたら、常に海外の価値観の中で暮らすことになります。

家族が海外で住んでいたら、その国に行くことも増え、海外の価値観を知ることができるようになるでしょう。


このような状況の中、私たちは、多国籍な企業であることのアドバンテージを活かし、日本人にグローバルのメリットを提供する事業を行おうと思ったのです。

私たちTESZARAは

1.日本人のグローバル化の推進をサポートする
2.日本の少子高齢化に伴う将来への不安を少しでも緩和する方策を提供する
3.日本人も円高、グローバル化の恩恵を受けられる夢を提供する

ということを目的としています。

では、これを達成するためにどこの国が良いか検討すると、フィリピンが他の国よりも圧倒的に適していることがわかったのです。

なぜか?

フィリピンは

1.日本から3~4時間と近い
2.日本の年金で充分に豊かな生活が送れる物価水準
3.英語が公用語なので生活しやすいし、英語を身につけるためにも適している
3.経済が成長し街が発展している
4.親日的
  これは2010年にBBC放送が調査したところフィリピンが世界一親日的であるという結果が出ています。
  やはりその国に住んでいて、日本人であることを隠さなければならないような国には安心して住めません。
5.退職者に永住権を与えてくれる優遇ビザがとれる
  今シンガポールで永住ビザを取得しようとすると1億5千万円以上の投資をしなければなりません。
7.1年中温暖で過ごしやすい


これらの条件が当てはまる国は、ほかに見つからないのがわかるでしょう。

そして、今回TESZARAがご紹介するコンドミニアムが立地しているのは、空港からのアクセスが良い都心の一等地ばかりです。

マカティ
http://www.teszara.com/cbd

ボニファシオ・グローバルシティ
http://www.teszara.com/bgc

この一等地に建っている高級コンドミニアムは、セキュリティーガードに守られ、ホテルのようなロビーのレセプションデスクにはサポートスタッフが常駐しています。
そしてコンドミニアムの施設として、プールやジム、展望デッキ、スパ・ジャグジーなど至れり尽せりの施設が整っています。
日本でいえば六本木ヒルズのような高級マンションといえるでしょうか?

この夢の住まいが、1千万円程度から購入できます。
http://www.teszara.com/projects

そしてそのような素晴らしい住まいに住む時でも言葉の心配がないように、TESZARAのコンシェルジュサービスがすべて日本語でサポートいたします。
http://www.teszara.com/service


いかがですか?
このようなフィリピンの高級コンドミニアムに住んでグローバル化しませんか?

実は、既に何件かお問い合わせを受けているのですが、そのうちの何件かは、自分で住むのではなく投資目的の方もいらっしゃいます。

すなわち資産のグローバル化をして危険分散をしようというのですね。

確かに、今、日本で一千万円を三菱東京UFJ銀行のスーパー定期5年ものに預けても金利は年0.040%にしかなりませんが、今発展を始めたフィリピンのコンドミニアムは年8%程度値上がりしています。

海外に投資するのは為替の変動が心配ですが、今は超円高なので、今より少しでも円が安くなれば得をするという意味ではリスクは最小です。
また、投資先が信頼できるのかは、海外の場合特に重要ですが、今回のコンドミニアムのデベロッパーは、フィリピントップの財閥企業ばかりですので、これ以上安心な企業がないほど信頼できる企業です。
http://www.teszara.com/partners

これらの仕組みで、日本人に夢を持ってもらえるように、そしてグローバル化していただけるようにTESZARAはこれから頑張ってまいります。

ホテルのようなロビーにはサポートスタッフが常駐
Ayala Lobby







プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
検索フォーム
プロフィール

Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部

Author:Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部
【フィリピンでのロングステイをトータルサポートTESZARA(テザラ)】

急激にグローバル化が進む今の世界。私達日本人にとって、自分のグローバル化が重要です。
 
このTESZARA事業では、フィリピンの新しく整備されたクリーンな都心のセキュリティのしっかりした豪華コンドミニアムをご紹介し、日本人が安心してロングステイできる生活サポートを行なう事業です。
ホテルのようなロビーを持ち、フロントにはコンシェルジュ。プールやジムなども完備したすばらしいコンドミニアムを驚くほど手ごろな価格でご紹介いたします。



Dela Cruz Co., Ltd.の社員たち


◆マリアン:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元スイス系製薬会社勤務

◆マイルス:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元Asia Brewery Incorporatedで品質保証担当

◆ジョージ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。元University of Asia and the Pacific講師

◆ジョー:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。上智大学講師。元De La Salle- College of St. Benilde 講師

◆マフェ:大阪大学大学院博士課程(コミュニケーションメディア専攻)在学中。元Benquest State University講師

◆フランシス:政策研究大学院大学博士課程在学中。元Ateneo de Manila University ミクロ経済学講師

◆パウロ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科PhDプログラム経済学専攻。

◆ファビ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士課程在籍中。元Admiro Tianjin Industry Co., Ltd. , Tianjin, China

◆レナ:筑波大学大学院人文社会科学研究科修士課程在学中。

◆グレッグ:東京大学大学院フロンティアサイエンス修士課程在学中。元Ateneo de Manila University講師

◆リザ:セイント・ラ・サール大学大学院修士課程出身。元セイント・ラ・サール大学総合スクール 数学教師

◆キャロル:フィリピン大学出身(優等卒業)。元AXA保険 Financial Executive

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。