上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ


HTC PICS 575 25

 今回TESZARAでは、フィリピン政府の発行する退職者向け永住ビザの発行手続きの代行をすることにしております。

日本人退職者にとってフィリピンがロングステイ先として優れた場所である条件の一つが、ある一定の条件を満たせば永住ビザを発給してもらえることです。

このビザの種類はいくつかあるのですが、たとえば

「SRRV CLASSIC」

というビザであれば、もしあなたが退職者で年金を受け取ることができるのであれば、US$10,000をフィリピンに預金することでフィリピンの永住ビザを取得できます。そしてこの預金は、コンドミニアムの購入などに当てることも可能です。

このビザを取得すればフィリピンに永住することも、あるいは日本とフィリピンを何回でも行き来することが自由に出来るようになります。

これがあれば、まさにフィリピンがあなたの第二のホームタウンになるのです。

しかし、経験のない日本人がこれを自分で申請し取得するのはなかなか難しいと考えられるので、TESZARAがその取得を代行するため、フィリピン政府退職庁の代理人になる事を申請しました。

退職者庁との話はMylesが担当して行い、順調に話が進んで「了解しました。では、書類を提出して下さい」ということになりました。

この時に一つ経験していないことが発生しました。

それは「犯罪経歴証明書」。
やはりフィリピン政府の代理人になるので、犯罪者であったらまずいのでしょう。

したがって、日本法人の代表の私とフィリピン法人の代表のMylesの犯罪経歴証明書を提出しなければならないということになり、調べたところ住所地の警察本部に行って申請するということなので、埼玉県警察本部に二人でいってきました。

ところがそこで問題が発生します。

県警本部が犯罪経歴証明書を発行できる目的がリストになっていて、そのリストに載っていないものに対しては発行できないというのです。

ちなみに退職者自身が退職者ビザを申請する時にもその犯罪経歴証明書が必要なのですが、それはきちんとそのリストに載っていますが、フィリピン政府の代理人になるというようなものはリストに載っていず、また埼玉県警本部では経験がないというのです。

そこで困って、今度はフィリピンの退職者庁に警察本部長宛の手紙を書いてもらうことにして、それを持って再度県警本部に行きました。
すると今度は、このような案件は県警では判断できないので、まず外務省に行って外務省にその依頼内容を判断してもらってください。
それでもし、外務省がよいのであれば、外務省から警察庁に書類を送り、警察庁で発給して良いものかどうかを判断する、それには約1ヶ月かかる、とのことになりました。

やっと外務省、警察庁の審査が通ると、また埼玉県警察本部に行って、今度は左右の指10本すべての指紋をとられます。それで犯罪者かどうかをチェックするのだそうです。

いやー、新しいことをするのは大変です。

結局、今週やっとその犯罪経歴書を発給してもらうことが出来ました。

あなたは自分の犯罪経歴書って見た事あります?
たぶんないですよね。
私もどのようなものか興味津々だったのですが、受け取ってがっかり。
それは封筒に入っていてしっかり封印してあります。そして開封したら無効になるということなので、どのようなものなのか見ることが出来ませんでした。

さて、それを今度はフィリピン政府に送るのですが、これがまた大変。

そのまま送ればよいのではなく、またそれを外務省が本物である確認をし、公証人役場で公証してもらい、その後在日本フィリピン大使館に行って、確認してもらったうえでやっとフィリピン政府に提出できるという段取りです。


やはり外国と仕事をするのは、日本国内で仕事をするのと違って様々なハードルが次々出てくるものですね。

でも一方いろいろな経験が出来て楽しいという面もありますね。


さて、次のステップは1月7日から始まります。

Mylesはすでにフィリピンに行って準備を進めているのですが、私も1月6日から1週間、フィリピンに行って、退職者庁に行き、パートナーのデベロッパーと打ち合わせをし、スタディツアーのマンダリン・オリエンタルホテルと打ち合わせをし、今度は在フィリピン日本大使館に行きと仕事をしてまいります。

その時の様子は、また別途ご報告させていただきます。

アヤラランドのコンドミニアム Two Serendra
(ボニファシオ・グローバルシティ)

amenities.jpg








プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
検索フォーム
プロフィール

Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部

Author:Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部
【フィリピンでのロングステイをトータルサポートTESZARA(テザラ)】

急激にグローバル化が進む今の世界。私達日本人にとって、自分のグローバル化が重要です。
 
このTESZARA事業では、フィリピンの新しく整備されたクリーンな都心のセキュリティのしっかりした豪華コンドミニアムをご紹介し、日本人が安心してロングステイできる生活サポートを行なう事業です。
ホテルのようなロビーを持ち、フロントにはコンシェルジュ。プールやジムなども完備したすばらしいコンドミニアムを驚くほど手ごろな価格でご紹介いたします。



Dela Cruz Co., Ltd.の社員たち


◆マリアン:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元スイス系製薬会社勤務

◆マイルス:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元Asia Brewery Incorporatedで品質保証担当

◆ジョージ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。元University of Asia and the Pacific講師

◆ジョー:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。上智大学講師。元De La Salle- College of St. Benilde 講師

◆マフェ:大阪大学大学院博士課程(コミュニケーションメディア専攻)在学中。元Benquest State University講師

◆フランシス:政策研究大学院大学博士課程在学中。元Ateneo de Manila University ミクロ経済学講師

◆パウロ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科PhDプログラム経済学専攻。

◆ファビ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士課程在籍中。元Admiro Tianjin Industry Co., Ltd. , Tianjin, China

◆レナ:筑波大学大学院人文社会科学研究科修士課程在学中。

◆グレッグ:東京大学大学院フロンティアサイエンス修士課程在学中。元Ateneo de Manila University講師

◆リザ:セイント・ラ・サール大学大学院修士課程出身。元セイント・ラ・サール大学総合スクール 数学教師

◆キャロル:フィリピン大学出身(優等卒業)。元AXA保険 Financial Executive

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。