上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングへ


2013-01-09 0929 35

The Farm is a centre for holistic healing and wellness where people balance their mind, body and spirit with nourishing live foods in an eco- friendly place.

THE FARMの大きな目的は、大自然の中で都会生活のストレスでバランスの崩れた体から、ホリスティック・メディカル・カウンセリングを受けて医療の側面からのトリートメントを受けること、また、ヨガや瞑想、ジムやプールなど体を動かして体の状態を改善する事、そして、ヒロットマッサージやローズボディラップ、ストーンマッサージなどボディトリートメントで改善するなど様々なメニューが用意されています。

このTHE FARMは、このような癒しのリゾートのなかで常にいろいろな雑誌などの賞を取る世界で注目されている癒しのリゾートです。

THE FARMによると、ほかのリゾートとの一番に違いは大自然のなかにあるということだそうです。

"The biggest difference between this health retreat and many others is The Farm is so full of life.
Birds, dragon flies, butterflies, geckos (and mosquitos!) fly around plus it is home to geese, chickens, peacocks and a goat or two.
Many other resorts are based in cities which makes it convenient but not necessarily ideal for relaxation and you can’t fake that feeling of being far away from civilisation.
The Farm is perfect in that way."

たしかに、フィリピンのジャングルの中にあるためそこへのアクセスは結構不便でした。

私たちが、THE FARMに行った時は、一日で様々なスケジュールをこなす予定だったため、フィリピンの渋滞を避け、朝の5:30にホテルを出発しました。

当然ホテルのレストランはまだやっていないので、前日にお弁当を頼んでおいたら、予定の時間5時キッカリに「ルームサービス」といって、満面の笑顔で部屋に届けてくれました。
中身は、サンドイッチとオレンジ、ミネラルウォーター。

う~ん、さすがマンダリン・オリエンタルホテル。

さて、5:30キッカリに車でホテルを出て、一路THE FARMのあるSAN BENITOに向けてのドライブ。

今回は運転手付きのレンタカーを利用しました。

マカティからしばらくは高速道路で、渋滞もなくスムーズに飛ばしていきます。いやー快適快適と思っていたのも高速道路が終わり、自動車専用道路になるまでのこと。

見た目はあまり変わらないのに、きっと路面の状況が良くないのでしょう。がたがたと大きく揺れるようになりました。

そのおかげで、すごいスピードを出しているように感じたのでメーターを覗き込んでみると100Kmしかでていません。

子供の頃、母の運転で東名高速をトヨタコロナで走った時も100Kmでこんなだったなあなどと思い出しました。

このころになると空も白んできて周りが見えるようになりました。
左右は一面の緑で、トロピカルカントリーらしくヤシの木がたくさん。

さらにしばらく行くと専用道路も終わって一般道に入りました。

すると周りの様子が一変します。
まだ6時半頃なのに道路には、ジープニーやトライシクル、車が溢れ人もたくさん歩いています。
こんなに早い時間にみんな何してるの? とマイルスに聞くとみんな通勤、通学とのこと。フィリピンでは、会社は通常8時始まりで学校は、クラスによっては7時に始まるとのこと。

へ~こんなに朝早くから仕事や勉強に向かうんだと感心。
なんとなくそれまで持っていたフィリピン人はのんびりしているというようなイメージは打ち砕かれました。
日本でも6時半にこんなに人が街にあふれていることはありません。

ただ、街はマカティやBGCと違って昔ながらの街並みで、道路の両側にはフィリピンのよろずやサリサリストアが並び、あまり綺麗とは言えません。

そんな街中をしばらく走ったあと、車はいつの間にやら林の中の細い道に入っています。車がすれ違うのも苦労しそうな狭い道の先に世界的なリゾートがあるのだろうかと思っていると、目の前に大きな鉄製のゲートが現れました。

出てきたセキュリティガードにマネージャーとアポイントがあると名前を告げると、何かをチェックしたあとゲートを開け中に入れてくれました。

そのゲートを入ると世界は一変しました。

一面の緑の世界であることは変わらないのですが、すべてが整然と管理されているのを感じます。外の騒然とした雰囲気から一変、静寂のなか、ときおり散歩をしている人、ジョギングをしている人、メンテナンスの人などが通りかかり、その後、また自然の静寂にもどります。
2013-01-09 0814 35


さて、レセプションを見つけて来意を告げるが、渋滞がなかったおかげで約束の時間よりかなり早く着いてしまったためアポの相手のジェネラルマネージャーはまだ来ていませんでした。

2013-01-09 0815 35

わざわざMakatiから私たちのために来たというマーケティングディレクターの女性が私たちのジェネラルマネージャーとのミーティングまでの時間、様々なツアーをセットしてくれました。

最初は、THE FARMの食事に出されるフレッシュな野菜や薬効のある植物を育てている植物学者のお父さん。リゾートの敷地内を回りながら、これはコレステロールを減らす、これは糖尿病にいいんだ、これは痛風にいいと一つ一つ薬効を説明してくれる。
さすが、毎日植物の管理をしているだけあって真っ黒に日焼けした顔に優しい目が光っている。
ただ彼の英語は少しなまりがあり聞きにくく、ときどき聞き返さなければならなかった。

でも、こんな自然の中では虫が多くて大変なのではないですか?
ときいたところ、虫が嫌う臭いを出す植物があり、それをガーデンのいたるところに植えているのと、居室にもそのエキスを配置しているので大丈夫とのこと。

確かに、少なくとも私たちが歩いているときは蚊やはえなどの虫が気になることはありませんでした。

一通り植物の説明を受けレセプションに戻ると、今度はレセプションの女性が、ヴィラの案内をしてくれました。

2013-01-09 1040 20


マスターヴィラと呼ばれるヴィラはまるでひとつの邸宅のよう。

2013-01-09 0901 36


2013-01-09 0901 35
門を入るとすぐにプールが広がっていて、その先に屋外のテラス、そしてリビングがある。リビングの壁の一面が全面のガラス張りでその外は自然のままのジャングルが広がっています。

master-villa-3.jpg

master-villa-2.jpg


ここのインテリアや家具類は自然を意識しているためか、華美なものではなく、なにか懐かしさを感じさせてくれるような風合いを備えています。

また、Narra Pool Villaは各ヴィラに専用のプールが備わっている贅沢な作り。
2013-01-09 0831 35


面白いのはSulu Terrace。ここは、アジアンな香りのする二階建ての小屋で1階にバストイレとオープンエアのベッドがあり、二階が寝室になっている。何故か日本人はここが好きだとの話でした。

2013-01-09 1050 35


その他にもいくつかのタイプのヴィラがあるのですが、どれも個性的で泊まってみたくなる作りです。


この案内の途中で、どんな国籍のゲストが多いのか聞いてみると、ドイツやベルギー、イタリアなどのヨーロッパの人たちや韓国、中国日本人女性も多いとのこと。

日本人だけ女性という性別が付加されているのが特徴的で面白い。

それらの人は、フィリピン旅行の途中で立ち寄るというよりも、ここを目的にフィリピンにやってくる人が多いという。


さて、ヴィラのツアーを終えるともうかなりの距離を歩いたことになり、Mylesはもうバテ気味。

しかし、ツアーはまだ続きます。
今度はメディカルサービスエリアでドクターからホリスティック・メディカル・カウンセリングとトリートメントについて説明を受けました。

様々なトリートメントのなかで印象に残ったのは、ある種のデトックストリートメントを受けると、その日は一日中トイレに行くことになりお腹のなかがすっかりキレイになる、石まで出てくるとのこと。

お腹がすっきりするのはいいけど一日トイレに通うのはどんなもんでしょう?(笑)


さあいよいよ最後のツアーがスパ。

HEALING SANCTUARYに入ると先ほどメディカルサービスエリアであった紳士がリラックスしています。

2013-01-09 0915 20


やあ、また会いましたね!
どこから来られたのですか? どのくらい滞在するのですか?

質問してみると白人だと思ったのが実はインド人とのこと。

インターネットでこのような健康を増進するリゾートを探していて、このTHE FARMの評判が非常に高かったので、ここに来るためにフィリピンにきました。ここには1週間滞在してすっかりリフレッシュするつもりですとのことでした。


正直ここの料金はかなり高いので、1週間滞在するとしたらかなりの額になるでしょう。きっと彼はインドの富裕層なのですね。
英語もインド人特有のアクセントのない綺麗な英語でわかりやすかったです。

確かにさっきレセプションの女性が言っていた通り、このリゾートに滞在するためにフィリピンを訪れる世界の富裕層がいるのは間違いないようです。

さて、その後美しい女性セラピストにプールサイドの小屋にあるデッキチェアに導かれ、どうぞリラックスしてくださいと冷たいpurified waterを出してくれました。

2013-01-09 1106 30


スパのメニューは、マッサージからスクラブ、ラップ、フェイシャルトリートメントからネイルまで様々なメニューを提供しています。

2013-01-09 0917 35


2013-01-09 0918 35


彼女によるとこのスパトリートメントを受けに来られる日本人女性が多いとのこと。

2013-01-09 1101 35


この時彼女は綺麗な英語で説明してくれていたのですが、日本人女性は説明を分かるのですか? と聞くと、ゆっくりしゃべるようにしている、あと、レセプションエリアに日本語の説明があるので、彼女たちはそれを見て、これ、と指さしてメニューを決めるので大丈夫とのことでした。

さすが日本人女性は美しくなることに関してたくましいですね。

さあ、2時間にも及ぶツアーのあとミーティングに出てきたのは、Resident ManagerのMs. JENNIFER HAZENとGeneral ManagerのMr. MICHAEL DI LONARDO 。

あれ? 二人共ドイツ人?

なんでもここはもともとはドイツ人の所有地だったところを、THE FARMが購入してリゾートにしたそうです。

そして、その5人の大株主もフィリピン人以外にドイツ人、ベルギー人などヨーロッパ人が占めているとのことでした。

二人のマネージャーはドイツ人ですが、もちろんコミュニケーションは流暢な英語です。

私たちのクライアントのために、これから日本語での説明文書を増やして行くことを約束してくれました。

また、TESZARAのクライアントの皆様を歓迎しますとのメッセージもいただきました。


残念ながら今回私たちは宿泊しなかったのですが、次回は是非宿泊してTHE FARMを満喫したいと思いました。






★マンダリン・オリエンタルホテルに泊まるスタディツアー★
 
 皆様のご要望に応え4泊ショートバージョン追加


2月17日(日)~2月21日(木)

http://www.teszara.com/studytour.html

このスタディツアーをご案内して以降、たくさんのお問合せをいただき是非行きたいとの声を多く頂いたのですが、同時にこんなに長期には休めないとの声もたくさんいただきました。

そこで、2日短いバージョンをリリースいたします。
今回のスタート日はもう変えられないので、2日縮めても会社は4日休まなければならないので、まだ厳しいかもしれません。

でも、よろしければご検討下さい。

料金は元の価格の2.5万円引きになります。

お問い合わせ、お申し込みは下記宛までどうぞ

TEL  : 048-649-6588
E-mail: teszara@delacruz-jp.com






プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。


人気ブログランキングへ
クリックありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
検索フォーム
プロフィール

Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部

Author:Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部
【フィリピンでのロングステイをトータルサポートTESZARA(テザラ)】

急激にグローバル化が進む今の世界。私達日本人にとって、自分のグローバル化が重要です。
 
このTESZARA事業では、フィリピンの新しく整備されたクリーンな都心のセキュリティのしっかりした豪華コンドミニアムをご紹介し、日本人が安心してロングステイできる生活サポートを行なう事業です。
ホテルのようなロビーを持ち、フロントにはコンシェルジュ。プールやジムなども完備したすばらしいコンドミニアムを驚くほど手ごろな価格でご紹介いたします。



Dela Cruz Co., Ltd.の社員たち


◆マリアン:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元スイス系製薬会社勤務

◆マイルス:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元Asia Brewery Incorporatedで品質保証担当

◆ジョージ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。元University of Asia and the Pacific講師

◆ジョー:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。上智大学講師。元De La Salle- College of St. Benilde 講師

◆マフェ:大阪大学大学院博士課程(コミュニケーションメディア専攻)在学中。元Benquest State University講師

◆フランシス:政策研究大学院大学博士課程在学中。元Ateneo de Manila University ミクロ経済学講師

◆パウロ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科PhDプログラム経済学専攻。

◆ファビ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士課程在籍中。元Admiro Tianjin Industry Co., Ltd. , Tianjin, China

◆レナ:筑波大学大学院人文社会科学研究科修士課程在学中。

◆グレッグ:東京大学大学院フロンティアサイエンス修士課程在学中。元Ateneo de Manila University講師

◆リザ:セイント・ラ・サール大学大学院修士課程出身。元セイント・ラ・サール大学総合スクール 数学教師

◆キャロル:フィリピン大学出身(優等卒業)。元AXA保険 Financial Executive

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。