上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキングへ

DCECのメルマガの記事「待ったなしになった日本企業のグローバル化!」のなかで、企業のグローバル化には、英語力ばかりでなく、コミュニケーションの仕方もグローバル化しなければならないという話をいたしました。

なるほどとは思っても、どのようにコミュニケーションすればいいのか、これがわからなければそれを目指すことができません。

DCECのメルマガで何回か取り上げたことがあるのですが、日本人の学生は多国籍の人たちの中では殆ど発言できないのが現状です。たとえば、DCECのガヴァネスで早稲田のMBAに通っていたバーンズに、クラスでの各国人の様子を聞いたことがあるのですが、アメリカ人は~、イギリス人は~、インド人は~、中国人は~と説明したあと、「じゃあ日本人は?」との私の質問に「ん~、日本人はクラスで黙っているからよく分からない」とのことでした。

英語で発言しなければならないからじゃあないの?と思うかもしれませんが、早稲田の英語でのMBAコースに参加しているぐらいですから、それなりの英語力を持っているはずです。

ではなぜ黙っているのかというと、日本人特有の多勢の前で話すのが恥ずかしいというマインドとともに、昨日指摘したように「日本人の価値観を持っていない人にわからせることができない事」や「論理的に話を組み立てるのが苦手」ということがあるのでしょう。

これに対してアメリカ人やその他の国の人達はどのように話しているのでしょうか?

ハーバード大学政治哲学のマイケル・サンデル教授の授業「Justice(正義)」の様子から学んでみましょう。

"What's the Right Thing to Do?"
サンデル教授は、私たちが日々の生活の中で直面する難問において、「君ならどうするか?何が正しい行いなのか?その理由は?」と、学生に投げかけ、活発な議論を引き出し、その判断の倫理的正当性を質問していきます。

この授業は非常に人気で、大学の大教室にいつも1000人を超える学生で埋まるそうです。

このビデオをみて感じて欲しいことは、まず様々な人種の人が一緒に、活発に議論していること。そして、発言者は1000人もの人の前でも、教授の問い掛けに対して堂々と意見を言っている事です。

では、ビデオを御覧下さい。






いかがでしたか?
なんとなく、日本人が強化しなければならないコミュニケーション力を感じましたか?

この講座についてもっと詳しくはこちらのwebサイトでご確認ください。
過去のエピソードのビデオも見られます。


http://www.justiceharvard.org/



また、NHKの教育テレビで毎週日曜日の午後6時から7時までの放送もあるようですので、そちらを覗くのもいいかもしれません。



http://www.nhk.or.jp/harvard/about.html















プログランキングに参加しています。
下記バナーをクリックしていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

クリックありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
トラックバック URL
トラックバック
検索フォーム
プロフィール

Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部

Author:Dela Cruz Co., Ltd. TESZARA事業部
【フィリピンでのロングステイをトータルサポートTESZARA(テザラ)】

急激にグローバル化が進む今の世界。私達日本人にとって、自分のグローバル化が重要です。
 
このTESZARA事業では、フィリピンの新しく整備されたクリーンな都心のセキュリティのしっかりした豪華コンドミニアムをご紹介し、日本人が安心してロングステイできる生活サポートを行なう事業です。
ホテルのようなロビーを持ち、フロントにはコンシェルジュ。プールやジムなども完備したすばらしいコンドミニアムを驚くほど手ごろな価格でご紹介いたします。



Dela Cruz Co., Ltd.の社員たち


◆マリアン:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元スイス系製薬会社勤務

◆マイルス:筑波大学大学院 生命環境科学研究科出身。元Asia Brewery Incorporatedで品質保証担当

◆ジョージ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。元University of Asia and the Pacific講師

◆ジョー:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士課程在学中。上智大学講師。元De La Salle- College of St. Benilde 講師

◆マフェ:大阪大学大学院博士課程(コミュニケーションメディア専攻)在学中。元Benquest State University講師

◆フランシス:政策研究大学院大学博士課程在学中。元Ateneo de Manila University ミクロ経済学講師

◆パウロ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科PhDプログラム経済学専攻。

◆ファビ:早稲田大学大学院アジア太平洋研究科博士課程在籍中。元Admiro Tianjin Industry Co., Ltd. , Tianjin, China

◆レナ:筑波大学大学院人文社会科学研究科修士課程在学中。

◆グレッグ:東京大学大学院フロンティアサイエンス修士課程在学中。元Ateneo de Manila University講師

◆リザ:セイント・ラ・サール大学大学院修士課程出身。元セイント・ラ・サール大学総合スクール 数学教師

◆キャロル:フィリピン大学出身(優等卒業)。元AXA保険 Financial Executive

最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。